2021.04.28

修理

【修理事例】CDプレーヤー SONY CDP-228ESD

【修理事例】CDプレーヤー SONY CDP-228ESD

兵庫県のH様より修理のご依頼を頂き、無事に修理完了致しました。

品名
CDプレーヤー
メーカー
SONY
型番
CDP-228ESD
不具合症状
電源は入るが再生されず、メーカーには1998年に部品の製造が終わってしまったといわれています。

【診断内容】

  1. TOC の読み込みが不安定で、読み込めても音飛びする。
  2. ローディング動作が安定していない。
  3. ボリュームにガリがります。
  4. 内部にDISC がありました。
  5. 測定

【原因】

  1. .チャッキングベルトの劣化による伸び
  2. 駆動用ゴムベルトの劣化。
  3. ボリュームの接点接触不良。

【処置内容】

  1. 現品診断では光ピックアップのRFレベルが低下しており、交換が必要との判断でしたが、レンズのクリーニングにて問題ないレベルとなりましたので、入手が困難なこともあり今回は交換対応は無しとしました。
  2. 当該ゴムベルトの交換にて対応しました。
  3. ボリュームの接点復活処理にて対応しました。
  4. 取り出しておきました。
  5. ・RFレベル:0.7Vp-p(レンズクリーニング前:0.4Vp-p)
    ・テストDISC確認(Playability) 1. Interruption:OK 2. Black Dot:OK 3. Fingerprint:OK

ご依頼の不具合について、上記の通り診断・修理を行い完了致しました。


 
想い入れのある機材の故障でお困りの方、まずはお気軽にご相談ください。

申込はこちら

記事を絞り込む

いつでもどこでもお気軽にご相談ください

tel0120-824-755

平日 10:00-12:00 13:00-17:30

サービス申込み

tel0120-824-755

平日 10:00-12:00 13:00-17:30